サラ、いつわりの祈り

ジェレマイア役の幼少時代を演じたジミーベネット君と
少年時代を演じた双子のディラン&コール・スプラウス君がとにかくかわいいーーー。
私はサラみたいに虐待もしないし、置き去りにもしないけど、
となりに抱いて、涙を拭いてあげたい。
ジミー君が小学校あがるかあがんないかくらいの子役なのに、
すごくいい演技してる。
少年時代のスプラウス兄弟もめちゃくちゃかわいい。
サラと一緒にお化粧して、「2人の美人の出来上がり」って笑うところなんか
たまんなくかわいい。このときは、弟のディランとお兄ちゃんのコール、一体どっちだったんだろう???
あんなにダメな母親に「僕が守ってあげる」ってぎゅっとするジェレマイアに
胸がぎゅっとしめつけられる思いがした。

サラは、厳格な家に生まれて、セックスとドラッグにおぼれて反社会的なアウトサイダーで、
犯罪者だけど、逞しく、必死に生きてる女。
決して共感し得ないし、感情移入できないけど、
自由奔放に振舞って、すごく孤独で、さみしがりで、弱くて、ボロボロになっていく姿が
サラ役のアーシア・アルジェントがかわいいからか、
痛々しく、切なく見えた。

ダメな女だし、ダメな母親なんだけど、
「世界でわたしたち2人しかいない」って言うセリフは、
サラの愛なんだって思った。

この映画は、お涙頂戴の子供映画じゃなく、
バカな女のお話というだけでもなく、
母と子の愛の映画だなって思う。

私は子供いないし、
女として生まれたからには子供を生まなきゃいけないなんて思わないし、
ほしいとも今は思わないし、
子供を育てるって言ったら、お金もかかるし、面倒だし、ペットじゃないし、
育てるなんて自分だってちゃんと大人になれてないのにと思うし、
いつか離れていくし、
そんな風に思ってたけど、家族なんだ、愛する人なんだって改めて思った。
彼氏より、旦那より、親より、兄弟より、愛す人なんだって。
そう思うと、母親になるってステキだなって思う。

でも、ステキだなって思う反面、
こんな小さな子を連れて汚れた世界を歩き回ったら、子供がほんとにかわいそうだとも思った。
何も判断できない子を、そんな世界しか知らない子にしてしまうのは罪だと思った。

私の実の姉が、小学校にあがったばかりの上の子とまだ幼稚園にもなっていない子を連れて、
いかがわしい宗教団体に通っている。
父である義理のお兄さんも、私も、両親も止められない。
姉の子に対する愛ゆえの行動なのだろうけど、それでいいのか、よくわからん。
少なくとも義理の兄が泣いているのを見ると、幸せと呼べない気もするし、正直哀しくなる。

監督のJTが完成した作品に
「愛のためにとった行動を、誰も非難することはできない」
とコメントしたらしいのだが、
ほんと、誰も非難できないと思う。
でも、幸せって難しい。私にはようわからん。

http://www.sara-inori.jp/
[PR]
# by yasagure.yasako | 2005-05-23 03:13

エターナルサンシャイン

エターナルサンシャインは、記憶のシーンがとってもきれい。
ケイトウインステッドの髪の色もきれい。
凍った湖の上で寝そべるシーンとか、私もやってみたい。

博士との主人公の頭のバトルでたまたま起こったことだけど、
出会ったころや仲良かったころの記憶を走り回るなんて、映画だからできることだけど、
もしも、こんなことできるならやるかな?
やらんな。
今までの恋愛を別れたこと含め、後悔してないし、振り返るつもりないし。
でも、別れてすぐだったら、離れてしまったお互いの心を取り戻すために、やりたくなるかも。

でも、やっぱり別れるたびに記憶を消すなんて、切な過ぎる。
けんかしたって、嫌いになったって、
好きになった記憶や楽しかった記憶は、
そのときにしか味わえないものだし、
その情景も気持ちも二度とめぐりあえない大切なものだし、
全てを否定するなんて、自分を否定したり、消去するみたいで、私にはできない。
友達は、ケータイのメールさえ、見たら消去してるけど、
昔の男の写真も捨てられない私には、到底理解できん。
[PR]
# by yasagure.yasako | 2005-05-04 23:20

贅沢な骨

「GO」や「世界の中心で愛を叫ぶ」で有名な行定勲作品。
行定監督って、もともと岩井俊二監督の助手をしていただけあって、映像がきれい。
中でもとりわけ麻生久美子がきれい。
ジューサーミキサーの中で買われた3匹の金魚の赤もきれい。
登場人物がみんな儚くて、切なくてきれい。

麻生久美子がホテトル嬢って設定がいい。
ものすごくセクシー。女の私でもうっとり。
真っ赤なワンピースとかすごくきれい。

もうひとりのつぐみなんかどうでもいい。麻生久美子がとにかくきれい。

監督:行定勲 2000年 日本
[PR]
# by yasagure.yasako | 2004-12-02 04:09

ヴァイブレータ

大森南朋がかっこいい。
ってゆうか、大森南朋演じる「岡部」がかっこいい。

はじめは、寺嶋しのぶが好きじゃなかった。和風な顔が好きじゃなかった。
着物着ているイメージが強くて、こんな映画にも出るんだって感じ。

でも、ぶつぶつ言う声が聞こえる主人公にけっこう共感できてしまった。
ルポライターだからか、30過ぎの女だからか、
いろんな言葉が頭の中溢れてくることってある。
言い訳言ってる自分の声だったり、
普段の自分じゃ絶対に口にしないような罵声だったり、毒を吐いてたり。
主人公は、「自分の中の物を考える声がうるさいの」って言う。
そうか、ものを考える声か、高尚な言い方だな。

「あれ食べたい。
 あなたでしょ。口笛吹くくらいなら迎えに来てよ。
 ・・・行かなくちゃ」
何様ってくらい偉そうに思うくせに、やってることはしおらしい。やっぱ女だね。

「触りたい」
「触っていいよ」
「怖いの。
 よく知らない人が暴力なんかふるわないって、信じられないみたい。
 なぐられたことないのに、変だよね。ごめん」
うん、うん、この気持ちわかる。

「ねぇ、あなたも見せて」
「やだよ。今、ちっちゃいもん。そういうもんでしょ」
「いいじゃん。ちんこがちっちゃかろうが、大きかろうが、あんたはあんたじゃん」
「まじかよ」
いや~、あたしにゃ言えないね。

突然、女が吐いても、岡部たかとしはずっとそばにいる。
なぜか女が「気持ち悪い」といいながら、殴ってくるのに、そこにいる。
泣きながら、自分のこと殴る女を見て怖いと思わないのだろうか。
岡部たかとしは、そのあとホテルに連れてって女を洗ってあげる。
ああ、こんな男いないな。いい男過ぎる。
「どうしてこの人はわたしのことをわかってるんだろう」
うん、そう思う。いい男。

車ん中でベラベラしゃべる若い感じも、
うそっぽいちゃらいしゃべり方も、
知らない世界の話いっぱい知ってるとこも、
「あんたのこと好きだから、殴れないよ」なんてさらっと言えちゃうとことか、
「また吐いてもいいよ」とか、言えちゃうとことか、
いいよ、この男。

4トン運転させてくれるシーン、いいよね。
すっごく優しく教えてくれて、風景が後ろに下がってくの見せてくれて、
「すごい!」って気にさせてくれて、笑顔にさせてくれて、間違っても怒んなくて、いいよね。
いないよ、こんないい男。

ラストシーンの文字。

 彼を食べて、
 彼に食べられた。
 それだけのことだった。
 ただ、
 あたしは自分が
 いいものになった気がした。

いいな。あたしもそんな、気持ちになりたい。なりたい。

監督:廣木隆一 2003年 日本
[PR]
# by yasagure.yasako | 2004-12-02 04:08

魚と寝る女

オカルトでも、スプラッタでも、スリラーでもなく、あくまで恋愛映画なんだけど、私が最も「痛い」と思う映画。

男も女も何しろ痛い。
湖の上に浮かぶ船の家、それの番をする口の利けない女と、そこに泊まる男の話。

男が自殺しようとするのだが、その手段が痛い。
釣り針を口の中に入れ、湖に沈むのだ。
女が見つめて、釣り針(その先端にはもちろん彼)のついた糸を引く。
引き寄せると、目の血走った男がいるのだ。

痛いシーンの後は、船の上で二人でぼーとしながら、口の中の傷が癒やしている。

男が逃げようとすると、女が男と同じように釣り針を使って自殺未遂する。
でも、場所が違う。
女は釣り針をスカートの中に入れ、叫び声を上げる。口の利けない女の初めて聞く声だ。

女友達と映画館に見に行ったのだが、思わず顔を見合わせて「痛い」と言ってしまった。

ラストシーンも衝撃だった。
男と女で警察からの追っ手から逃げるのだが、
二人を乗せた船は、茂みの中に・・・。
その茂みが、天井からの捕らえられたとき、実は彼女の下の茂みだったというような絵なのだ。
これまた、一緒にいた友達と「??? 何? 今の何? ???」。
映画館を出て、ポスターを見ると、「私の中へいらっしゃい」と書かれていた。

見に来ている人は、少なかったがやたらおじさんが多かった。
なぜなら、後から知ったのだが、新聞などで「日活ロマンポルノを彷彿させる映画」と評されていたのだ。

友人とは、その後2時間くらいこの映画について語った。
愛の深さを描いているのだけど、
売春しながら生活している女の悲哀とか、
好きになった男に女がいて、その女を憎いと思い殺してしまう女のジェラシーとか、
一人にしないでほしいという思いから自殺してしまう悲しみとか、
表現されているんだけど、なんと言っても「痛い」。

北野武映画のように、
精神的な苦痛の矛先がすぐに「死」に結びついて、「じゃあ、殺しちゃえ、えい!」的な感覚で
あの男の女→嫌い→女が騒ぐ→うるさい、だまれ、沈めちゃえ→あ、おぼれてる→助けなきゃこのまま死ぬな
そんな感じで殺しちゃう。
北野映画に比べて拳銃とか刀とか出てこない分、生活臭というか、身近にいそうな、感情移入しやすいところはあるのかも。
でも、そんな人の血がどす黒い湖を汚していくのとか、目が血走っている表情とか、表情がグロテスクで、見てて思わず目を逸らしたくなる。
衝撃的だった。
今、思い出しても「痛い」

監督:キム・ギドク 2000年 韓国
[PR]
# by yasagure.yasako | 2004-12-02 04:05

月曜日のユカ

■主人公・ユカについて

加賀まりこがとにかくかわいい。
髪をアップにして、昔ながらの大きな頭してるんだけど、顔がちっちゃいから全然おばさんぽくないし、最近使わない言葉だけどすごくチャーミング!
付けまつげ効果もあるけど、上目使いが愛くるしさ倍増なのだ。
女の私が見てもかわいい。

最初は天然キャラかと思ったけど、時代かな?それとも主人公の母の影響か?女の生きがいは男を喜ばすことなんていう18歳は、本当の恋を知らないなっという感じ。

「誰とでも寝るわ。でも、娼婦じゃないの。チャーミングで親切で優しい、いい子よ」
ユカが働く店での評判だが、よく彼女を表してると思う。

■ストーリーについて

パトロンのパパと恋人のまさお(若かれしころの中尾彬)、ユカはどっちが本当に好きなのか?

パパが娘に人形を買ってあげてニコニコしているのを街で見かけ、嫉妬してまさおとパパのうちの庭でエッチする。
後で、彼女は「自分にはあんな顔したことありませんでした。だから、くやしくてくやしくてたまりませんでした」と懺悔する。
ユカは、まさおもパパも好きではなく、ただ自分が一番でありたいだけなんじゃないだろうか。
自分からは愛さない。でも、誰からも一番に愛されないと気がすまない女。

現に、男をたくさん教会に連れ出し、
「だれからでもいいからいらっしゃい。私が愛してあげるから」とすっぱになるシーンがある。
昔の男に言われたからじゃなく、ユカは、すべての男が自分を受け入れてくれると信じて疑わなかった。
かわいいと愛してくれると信じていた。
自分が愛することを棚にあげて。

最後までユカは誰かを愛すのか?思いながら見た。

■ラストについて

まさおの死をきっかけにユカは変わった。笑わなくなった。自分を愛してくれた人、自分のせいで死んだ人、大切にしたい人を失ったことで彼女は女になったのかしら。
ラストでダンスを踊りながら、パパを海に放り投げるシーン。素敵だった。

ユカがそれからどんな男に出会うのか、どんな男を愛すのか、どんな人生を送るのか見てみたいと思った。

監督:中平 康  1964年 日本 ※おっ、脚本に倉本總の名前を発見。
[PR]
# by yasagure.yasako | 2004-12-01 04:15

青い夢の女

友人と見に行きたいねと言っていたのに、行けなかった映画の1つ、それが「青い夢の女」だ。
そのころ、友人との間で「女」をテーマにした映画はちょっとしたブームだった。この映画を見ようと話していた直前に見た映画は、たしか「魚と寝る女」(韓国)だった。
ジャケットが、深い青の中にひとりのセクシーな女性が印象的に浮かびあがっている。そう、この「青い夢の女」のジャケットが「魚と寝る女」と似ていたのを覚えてる。

■ストーリー
精神科医・ミッシェルが魅力的な女性患者・オルガの話を聞いているうちに居眠りをしてしまう。目覚めてみたら、ソファには彼女の死体が…。自分が殺したのか?悩みつつ、死体処理に奮闘するというサスペンス。

■感想
予想以上によかった。
主人公のミッシェルが死体処理に奮闘するんだけど、主人公を取り巻く人々や患者、死体処理で遭遇してしまう人物がみな個性的で、おかしい。

主人公は死体を早く処理したいのに、空回りしている様がおかしい。
死体のオルガを生き返らせるために心臓マッサージしたり、人工呼吸したり必死になっている現場をカンボジア人家政婦に見られ、情事の真っ最中と勘違いされてしまったり、
自身も友人の精神科医にカウンセリングを受けるが居眠りされてしまったり、
死体を隠そうとする墓場にはダッチワイフ好きのDJにがいたり。
こうした個性豊かな登場人物が、物語をおもしろくしている。

また、死体になってしまったオルガが、いつまでもきれいで、まるでよくできたマネキンみたいに美しいのもいい。死体のオルガが凍った道路をゴロゴロ転がされてしまうシーンなんて、ちょっと笑える。

夢や空想シーンがたくさん出てくるのに加え、主人公がオルガの夫がいる家、自身のカウンセリングに訪れる診療所、警察、喫茶店、墓場、デパートなどさまざまな場所を訪れ、物語が展開されていくので、全く退屈しない。

フランス映画(正確には、フランス・ドイツ)なんだけど、ちゃんと最後は事件の真相が明らかになるし、主人公もハッピーエンドになるところもいい。

精神科医という仕事は、さまざまな人の人生を見ていく大変な仕事だ。
私なんか、実家の母親の愚痴を聞くのさえうんざりしてしまうのに。
そして、聞いた話は守秘義務として、全て自分の胸の内に納めておかなければならない。
私なんか、自分のことでさえ、吐き出せなかったら発狂しちゃうか、酒とタバコにおぼれてしまうのに。
でも、精神科医は決してえらいわけではない。
患者から全てを聞いたとしても、患者を支配できるわけでもない。
ただのひとりの人。
患者から聞く話、目の前の現実、夢、過去、いろんなものに翻弄されながら、自分をみつけていくミッシェル。青い夢の女は、ミッシェルの人生を掻き乱し、最後に大切なものを見つけさせてくれた女なのかな。

監督:ジャン=ジャック・ベネックス 2000年 フランス/ドイツ
[PR]
# by yasagure.yasako | 2004-11-30 04:17

狂わせたいの

■ストーリーについて

終電に乗り遅れた冴えない男。前髪は短く、めがねをかけ、やせ細った大阪弁の男。
甘い声に誘われて行ったが最後、電車の中でストリップが始まるし、かと思えば泥酔ドライバーのタクシーに乗ってしまう。
降りて入った居酒屋にはドメスティックバイオレンスの夫婦が包丁投げるし、病院行ったら歌って踊りまくってるし、かと思えば車にひかれた子の頭に主人公のかばんがつきささり、刑務所入り。

夢か妄想かめくるめく女が彼の前に現れては消えていく。
モノクロが苦痛でなければ、60分退屈しないで見れる映画だ。
よくできてるけど、テーマは女のエロスなのか、それともコメディなのかは不明。とにかく不思議な映画だ。

観終わってみて、最近の映画と知りびっくりした。モノクロということもあるけど、かかっているのが山本リンダなど70年代の音楽なので、懐かしい雰囲気たっぷりだ。
そういう意味でもおもしろい。

監督:石橋義正 1997年 日本
[PR]
# by yasagure.yasako | 2004-11-29 04:19

勝手にしやがれ

1960年にフランスで公開された傑作を、今回、初めて見てみた。

車泥棒のミッシェルは、新聞の一面にどでかく写真が出たり、電光掲示板で捜査の手が間近に迫るニュースが出ているにもかかわらず、ものすごい悪党には消して見えない。いうなれば小悪党だ。女からも金をくすねるしょうがない男。しかし、アメリカ人パトリシアにひかれてしまうミッシェルは、かわいらしく、いじらしい。

ミッシェルはパトリシアに言う。「20点満点なら君は15点。個性的な魅力がある」と。
たぶん、ミッシェルにとっては正直な気持ちなんだろうけど、言われた方としては、微妙な誉め方。だけど、そんなやりとりがものすごく愛らしい。ミッシェル役のジャン・ポール・ベルモンドの、あの子犬のような目といったら、もうったまらない。

パトリシア役のジーン・セパーグは、記者を目指すだけあって知的な顔立ち。なのに、あのベリーショート。そして、街角でTシャツ姿で新聞売っているときは小娘程度にしか見えないのに、デパートでワンピースに着替えて取材に行くときなんかペンで唇をなぞったりなんかしてとってもセクシー。

ふたりのシーンなんかものすごく映像がきれい!!!
そう、この映画のすがらしいところは、象徴的なシーンの映像が美しい。人物を、表情が美しく撮られている。それが、ぐっと引き込まれるエッセンスなのだろう。

そして、パトリシアが裏切って警察にちくってしまうシーン。
カフェで「バーボン」を注文し、店員から「ないよ!」と言われ、仕方なくコーヒーを頼みなおし、迷いながら電話するシーン。こちらまで、ドキドキ感が伝わってきた。
それをすぐにミッシェルに伝えるところなんか、まだ、彼女がミッシェルを好きになることを迷っているよね。私の決断は間違ってないって必死に自分に言い聞かせてるみたい。結果、彼を試しているようなずるい女になっちゃってる。「なんで逃げないの」というパトリシアはミッシェルの本気に、自分がしたことの意味を確認したことだろう。正直、私は逃げ出して、パトリシアのもとから去っていくんだろうと思った。そういう情けない男なんだろうと思った。でも、違った。「シャクだが、彼女にほれている」ミシェルは、いい男だった。小悪党だけど、馬鹿だけど優しかった。
彼より、自分で切り開く人生を選んだ彼女を責めはしないが、彼はいい男。

ラストシーン。
彼は警察に打たれて、彼女に捨て台詞を吐いて死んでいく。彼女は、警官に「今なんて?」と聞きなおし、自分はずるい女。そう、私はずるい女と自覚させられる。言い聞かせてる。そうなるしかない、というシーン。

ほんの数日間のラブストーリー。でも、彼は死して永遠に彼女の心に残り続ける、まさに不老不死の男。愛しきれなかった自分を、後悔を、打ち消し続けながら生きていかなければならないパトリシア。私には、うらぎられた彼も切ないが、彼女もまた切なく思う。

本作品は、誰もが認める名作というわけでない。
その理由は、編集が雑なところがある。確かに私も、見始めたときは、本来つながっていなければならない背景がブツキリされていたりするところがあり、気になった。でも、フランス映画にしては台詞も多いし、内容もわかりやすいし、ストーリーもきちんと展開している。焦り、迷い、不安など見るものの心情にぐっと迫るものがある。1シーン1シーンの美しさ、そして、ラストシーンは最高。やはり傑作と呼ぶにふさわしい。45年たった今でも色あせない作品である。

監督:ジャン=リュック・ゴダール 1959年 フランス
[PR]
# by yasagure.yasako | 2004-11-28 04:23

ホテルビーナス

遅ればせながら、『ホテルビーナス』を見た。
聞き慣れてしまったLOVE PSYCHEDELICOの音楽や、番宣やCMで瞼に焼き付いてしまったシーンのせいで、
すでに物語の中へ純粋に陶酔できなくなってしまっていて、ちょっと残念だった。
でも、青白い冷たい寂しい感じの映像がとても素敵だった。

■ストーリーについて

弱さを抱えながら、お互いを救い合うホテルビーナスの人々。
自らの医療ミスという現実から逃げるために酒におぼれるドクター。
ドクターに立ち直ってもらいたくて殴るワイフ。
本当の強さを知らない“殺し屋”ボウイ。
花屋の夢をかなえるためと信じながら麻薬の密売に加担してしまうソーダ。
ガイのせいで母が死んだと思い、しゃべらなくなったサイ。
サイの母を愛したガイ。
恋人の死から時間が止まったままのチョナン。
そして、彼らを見守る足の不自由なオカマのビーナス。

「ビーナスの背中を見せてください」
それは、次に旅立つまで痛みを癒すための時間と場所を与えてくださいということかもしれない。

なんか、久しぶりにすがすがしい気持ちになれるラストだった。

監督:タカハタ秀太 2004年 日本
[PR]
# by yasagure.yasako | 2004-11-28 00:25